子ども発達・療育アプリ

子どもの「これができない」「これは苦手」に対して、保護者や療育スタッフの「何をさせたらいいんだろう」という悩みを解消するためのアプリです。

根拠のない遊びや課題は子どもの誤学習を誘発しますが、このアプリは、客観的評価から子どもの成長に合わせたプログラムを提供し、「なぜ、この子にこの課題が必要なのか」という根拠立てができます。それにより誤学習を防止することにもつながります。

このアプリは、【しんがくどう】(児童発達支援・放課後等デイサービス・保育所等訪問支援)に勤務する、作業療法士・理学療法士・言語聴覚士・臨床心理士・保育士等が、実際の現場で活用しているプログラムを使用しています。

一般的な子育てから、児童発達支援や放課後等デイサービスなど、施設の療育課題にも活用できます。

子どもの困りごとや発達レベルを客観的に評価できるように、チェック項目を用意しています。そこから、子どもの現在の苦手な部分や必要と思われる課題を予測し自動で課題が選択され、それらをクリアしていくことで、子どもの成長や苦手克服に繋がっていきます。

※このアプリを使用するにあたって…

併せて脳機能やASDに関する勉強をお勧めします。プログラムは子どもに対しての効果や成長を保証するものではありません。

ログイン

email
password
screenshot

アプリの特徴

登録・使用は無料

新規登録

お名前
email
email確認
利用規約に同意する